姉妹都市
友好都市
日本と
ザクセン
の交流
各地の主
なイベント
     
  【生活と文化】
 
 
 ザクセン州は、ヨーロッパの心臓部に位置し、その1000年の歴史を通して世界中の人々に広く親しまれながら発展してきました。ルター、バッハ、ワグナーが活躍した土地であり、またライプニッツの生まれたところでもあります。こうした歴史と伝統が、科学技術や芸術文化の分野で多くの足跡を残し、国際性、友愛精神、開放性といった気質を育んできました。
 また、12世紀に銀鉱山が採掘されてから、産業技術の進歩と富の蓄積が進み、多くの歴史的文化財が残されてきました。エルツ山地をはじめとした自然の美しさとあわせ、質の高い生活環境に恵まれています。

 州都ドレスデンは、古くから「エルベのフィレンツェ」と呼ばれる芸術の都です。第二次世界大戦で壊滅的打撃を受けましたが、東西ドイツ統一後急ピッチで復興を進めてきました。ツヴィンガー宮殿、ゼンパーオペラ、レジデンツ宮殿などの建造物や音楽、美術など芸術・文化を満喫できる都市です。フラウエン教会は、第二次世界大戦で破壊されましたが、2006年の建都800年を目標に2005年に再建されました。またジャズ・フェスティバルや世界最古のクリスマス市など年間行事も豊富です。
 ライプツィヒは州で最大の都市です。古くから国際見本市が有名で、近代的な国際空港も整備されています。バッハが活躍した音楽・出版の町でもあり文化的な見所も豊富です。ゲーテの「ファウスト」ゆかりの居酒屋などもあり、世界最古の市民オーケストラ、ゲバントハウスなどと共に現代的な都会生活を楽しめます。2006年のサッカーワールドカップの舞台にもなりました。
 この他にも、高級磁器で有名な古都マイセンやポーランド国境にあるゲルリッツなどは1000年の歴史を偲ばせてくれる都市です。
 また、エルツ山地には、くるみ割人形などの木工細工で有名なザイフェン、ウィンタースポーツで知られるオーバーヴィーエンタール、鉱山で栄えた伝統を今日に伝えるアナベルグなど豊かな自然に恵まれた美しい町があります。同じく鉱山で栄えたフライベルグは、環境技術を推進する街として知られています。州都ドレスデンからチェコ方面にエルベ河をさかのぼると、渓谷と奇岩で知られる景勝の地ザクセンスイスがあります。バスタイからの眺めは素晴らしいものがあります。
 ドイツの時計発祥の地グラスヒュッテは同じ南部の山岳地帯にあります。
 この他、ソルブ人の少数民族文化で知られるバウツェン、カーメンツなどの多様な地方都市があります。詳しくは、「特色ある地方都市」のページをご覧下さい。